代表のご挨拶

Global kids 英語会とは

ご存知ですか? 東京オリンピックを迎える2020年から日本の英語教育は大きく変化します。
小学3年から英語の授業が始まります。高校・大学受験では、英語で自分の意見を書けて話せる能力が問われるようになります。
すでに現在でも、英検の級やTOEFLのスコア次第で英語試験を免除する大学が急増しています。

Globa kids 英語会は2020年の教育改革を先取りしたプログラムを実践し、英語上達の早道である音声学習法「フォニックス(Phonics)」を基礎に、子供たちが英語を楽しくいきいき学べる早期教育を行っております。

私は中学・高校の英語教諭を経験して、「日本の学校の英語教育はなぜこんなにつまらないのか」「もっと子供たちが楽しく学べる英語の指導方法があるはず」と考え続けてきました。

そして長年の試行錯誤の末にたどり着いたのが「フォニックス」でした(フォニックスの説明は、「当会の教育方針」「フォニックスのご紹介」をお読みください)。

また私は、日本の英語教育に決定的に欠けているは「プレゼンテーション指導」と考えております。
日本の学校で英語を学んでも、大勢の人たちに向かって自分自身の意見や興味を英語で伝えるという能力は養えません。
しかしこれこそが国際社会で活躍するうえで大変必要とされる能力なのです。

Global kids英語会では小学校低学年の授業から「英語プレゼン」を取り入れ、年一回のプレゼンテ―ション大会を実施しております。
この経験は英語力の向上とともに、自己発信力、自己表現力が非常に養われ、多くの保護者より感謝の言葉を頂いております。
(詳しくは「英語プレゼン発表会」の動画、「体験談」の保護者の感想をご覧ください)

英語を学ぶ利点は、受験や就職に有利という事だけでは決してないはずです。

たとえば、日本人にはありえないようなユニークな発想や視点、意見に触れて、視野を広げること。たとえば、日本語だけでは掘り起こせない、一歩前に踏み込んだ堂々とした表現力とコミュニケーション能力を獲得すること。つまりは、人生そのものを豊かに、タフで弾力性あるものにすること。

それが国際共通語である英語を学ぶ醍醐味ではないでしょうか。そもそも自身の中に、英語にしてまで伝えたいという何か、強い想い、メッセージなくして、英語を使えるようにはなれないでしょう。

Global kids 英語会は、英語学習を通して生徒一人一人が自身で考える力、「思考力」を育むこと、そしてその自身の考えを堂々と誇りを持って表現できる力、「自己発信力」を伸ばすことを最終的目標としています。

日本では学校や塾を含め、このような主旨で英語教育を行っている機関はまだ稀です。特に中・高校生においては、いまだに受験英語対策のみに終始している方がほとんどです。

当会も発足当時は、小学時代せっかく「フォニックス」を基礎に表現型の英語を学んできた生徒さんも、中学になると「受験の役に立たないから」と退会していく方がほとんどでした。

ところが、最近変化が見られるようになりました。中学になっても引き続き当会で学びたい、そして受験対策のための英語とは別に、「英語で自分の意見を言えるようになりたい」、「英語でプレゼンをしてみたい」という希望で当会に新たに入会する中・高校生のメンバーも年々増えおります。小学生は、英語を学んでいく上で一生のスキルとなる、フォニックスを学びたいという目的で入会する方が、学年問わず増えてきています。

これからの時代は、一生を通し、日本語だけでなく英語で世界の動きをキャッチし、思考し、表現をし、他国の人たちと意見を交換、共有していくことが求められる、そしてまさにそのことが人生の質や可能性を変えていく、ということを真剣に考える方が増えているからだと思います。

お陰様で現在、千歳船橋、千歳烏山、新百合が丘に3教室を設け、100名を越える子供たちが当会に在籍しています。2011年に4~5名で発足した、名もない小さなお教室がここまで成長できたのも、当会のミッションに深く賛同し、支えてきてくださった方々のお陰と存じます。

このホームページをご覧になって当会にご関心をお持ちになった方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

 

Global kids 英語会代表

豊田朋子