代表のご挨拶

Global kids 英語会とは

このホームページを閲覧している皆様は、お子さんの英語教育についてこれからどうしようか、頭を悩ませているのではありませんか?

「学校や受験塾の英語教育では物足りない」と感じているのではありませんか?

それもそのはずです。実際、英語教育にこれだけ時間とエネルギー、そしてお金をかけても、結局、英語を使うことがほとんどできない民族は、世界広しといえども日本人だけでしょう。一体、なぜでしょうか?

子どもへの英語教育に関して言えば、試験のためだけの「受験英語」がほとんどだからです。「受験英語」ばかり詰め込むのは、英語の役割、本質から大きく外れた教育をしていると言わざるを得ません。

また、他の英語教育の選択肢といえば、「短時間であってもネイティブといっしょに過ごして、英会話を習ったり、遊び活動をしていれば、だんだん英語が話せるようになるんじゃないか」という期待から、ネイティブをたくさん雇用している英会話スクールに子どもを通わせるというのが大半です。もちろん、ネイティブに英語を習うというのは素晴らしいことではありますが、そこにきちんとしたポリシーがなければ、いわば“漠然とした成果”しか期待できないでしょう。

Global kids英語会は、国際共通語としての英語という言語が持つミッション、国際社会から求められている役割に忠実な教育を展開しています

そのミッションを下記に挙げてみました。

 

*英語は、世界に向けて自己表現、自己発信するための道具である。

*英語は、異文化を理解し、他国の人々とコミュニケーションを深める道具である。

*英語は、自国の言語や文化を俯瞰し、客観視し、自国文化を再評価、再発見する道具である。

*英語は、世界の動きや真実をいち早くキャッチし、理解することで、自分の身を守る道具である。

*英語は、地球が抱える問題を、国や文化、宗教の違いを越えて助け合い、共に解決していくための道具である。

*英語は、国際社会を少しでもより良く、そして平和にするための道具である。

 

社会環境、地球環境において、親の世代より遙かに変化の激しい、先が読めない、そして多くの問題を抱えた、これからの時代を生き抜かなければならない子どもたちにとって、英語が真の意味でそれぞれの人生に役に立つ、自身の幸福感を高めるツールであって欲しいのです。

いつまでも受験産業の利益にしかならないような、空虚な英語教育をしている場合ではありません。さりとて、学校の英語教育が根本的に改革されるのを待っていたら手遅れになります。

Global kids英語会の教師たちは、英語教員資格を持った英語教育の専門家であり、また子育てを経験している母親です。教育者として母親として、そうした切実な想いと危機感を持って、この英語教室を運営し、日々子どもたちと接しています。

その具体的な教育方法は、「当会の教育方針」をご参照ください。

もし少しでも当会に共感される部分があれば、是非とも一度、ご連絡をください。私、代表の豊田がまずお話をさせていただきます。

英語教育だけでなく、激動の時代の子育てを乗り切る、何らかのヒントが見つかるかもしれません。

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

Global kids 英語会 代表

株式会社 ダイバース・キッズ 代表取締役

豊田朋子