Yes, we’ll join the activities Fridays For Future

Global kids英語会の中、高校生メンバーもステージに立つ、
気候変動に関するイベントのご案内です。

「Clean mind, Green earth
わたしの生き方×地球環境」
7月15日(月)13時~@めぐろパーシモンホール
http://cleangreen.bkjapan.org/

実は、当会の中、高校クラスでは、この3月以降、ずっと一貫して、
“気候変動問題”をテーマに英語学習をしてきました。
その様子をフェイスブックなどで紹介すると、
環境関係団体の方々の間で注目されるようになりました。
その結果、この15日のイベントの主催団体の理事で、
環境省の諮問機関の委員でもある方から、
「グローバルキッズの生徒さんたちに何かメッセージを発していただけないか?」、
とオファーがあったことがきっかけで、
イベント冒頭、当会の中、高校生クラスの代表、6名が舞台に立つ運びとなったのです。

パフォーマンスの内容は、
気候変動活動家としてノーベル平和賞受賞候補にもなっている、
16歳のスェーデンの少女、グレタ・トュンベリーさんたちが作成した、
気候変動に関する英語の詩を、英語と日本語両方で、グループ朗読するというものです。
(グレタさん情報は授業の教材としても扱った下記のビデオを参照ください。
英語も母国語でないのに堂々として見事です。
https://www.bbc.com/japanese/video-48010026

今、世界各国の中・高校生たちに広がっているグレタさんたちの、
気候変動に関するアクションは、環境問題のグローバルな取り組みに少しずつ影響を与え始めています。
例えば、5月後半に行われたEUの欧州議会選挙で、環境対策を第一とする「緑の党」が予想に反して大躍進したことも、

欧州メディアは“グレタ効果”と呼び、若者たちの気候変動へのアクションが、EUの動向にも影響を与えたとみています。

当会の中、高校生クラスでも、自分たちと同世代であるグレタさんたちの動きをずっと英語でフォローしてきました。

そして、政治的権力はもちろん、選挙権さえもたない若者たちが、
自分たちの未来のために真っすぐに行ったアクションが、実際に大人たちの意識を変え、

世界に影響を与えている動きを、リアルタイムで目の当たりにすることができたのは、未来に希望を得るという意味でも、とても幸運なことだったと思います。
(日本のメディアはあまりこうした情報を提供しないだけに。)

また、当会の中、高校クラスからは、この夏から、カナダ、アメリカ、オーストラリアなど英語圏だけでなく、欧州であるオランダ、

そしてグレタさんもいるスェーデンに留学するメンバーもいるだけに、15日の環境イベントでメッセージを発することは、

この1学期間、気候変動について学んできた当会、中・高校クラスにとってとても有意義なことだと思います。

この中高生メンバーが登壇することが決定すると、

当初は大人の参加者がほとんどとされていたこのイベントに、

親子連れや、中、高校生を含む若者の参加予約が増えてきたとのことです。

ご関心ある方は、下記、チケット下記、ネット購入できます。
お二人ペアで2000円。お一人1500円です。
ご都合つきましたら、是非足をお運びください。
↓↓
https://passmarket.yahoo.co.jp/…/…/detail/01j9pm104m9me.htm